ストーリー

40年以上も前のこと。
とある学校で、ある生徒の首吊り自殺をキッカケに、
様々な事件や事故が立て続けに起こるようになった。
校長は失踪し、やがて学校は廃校となった。
しかし、今でも「そこで死んでいった子どもたちの霊を見た」という噂が絶えない……。
その呪われた学校はいつしか"怪奇学校"と呼ばれるようになった。

「そこに行ってはいけない」と噂される一方で、今でも肝試しに訪れる人が後を絶たない。
ほら、あなた達のように……。
あなたはもう逃げられない……。

おばけブログ

プロデューサー

齋藤ゾンビ

齋藤ゾンビ
台場怪奇学校は、現在「齊藤ゾンビ」がプロデュースしています。
「齊藤ゾンビ」(さいとうぞんび)は"ホラープランナー"です。
2005年より、職業をホラープランナーと名乗らせて頂いております。
これは「ホラーにまつわることなら何でも企画・制作する」職業であり、他の方がホラープランナーを名乗っても問題ありません。
主な実績としては、台場怪奇屋敷の運営の後、台場怪奇学校(東京)、浜松怪奇学校(静岡)、東京恐怖學園(台湾)のプロデュースを行いました。
今日も変わらず、「命の大切さを伝える」「感動するお化け屋敷」「オバケランドの創造」を目指して、人間と共存してまいります。